ワイワイひろば 〜日々の子どもたちの成長をご紹介〜

2020.10.01
10月1日は中秋の名月です
今晩は、中秋の名月。天候も良くきれいな名月が見れそうですね。
中秋の名月とは、平安時代、当時の貴族たちは、月を眺めながらお酒を飲んだり、船の上で詩歌や管弦を楽しんでいたそうです。江戸時代にはいってからは、収穫際、稲穂際の意味合いが強く、無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、感謝する日だったそうです。
幼稚園でも、お月見のお供え物である、ススキ、月見団子、農作物(芋類)、栗、果物をお供えしています。

子どもたちは、お月見製作をそれぞれ素敵に作っていましたよ。
一部紹介します。

年長児…光に透かすと本物のお月様のよう。お月様の中には、うさぎさんが餅つきをしています。とっても苦労して貼り絵をして、トレーシングペーパーに挟んでいました。

年中児…お月見団子を画用紙に貼り付け、パスでススキや秋の夜空を描いていました。個性豊かな、楽しい作品が完成しています。

年少児…こちらもお月見団子を製作。立体的なお団子。みんなの性格がそのままお団子の表現の仕方に出ていて、ちょっと面白かったです。ススキは、手型スタンプです。

幼児舎…写真にはありませんが、紙粘土でお団子を作り、昨日持ち帰りました。もう、お家に飾っていただきましたか。
幼稚園の保育室には、もう1つ、貼り絵の月見団子もかわいらしく、飾ってあります。




資料請求はこちら

ページトップへ戻る